どうも変な寝方をしたからなのか首が痛い僕です(=゚ω゚)ノ

久しぶりに行ってきましたよ沖磯!!

今回は皆のアイドルどいとたなか星人改め田中との3人です。

釣行場所は野母崎半島の沖、三ツ瀬(^^♪

三ツ瀬の中でも上物師に大人気のコブ瀬に行ってきました!

今までは竜神ばっかりだったのでコブ瀬は初めての磯です(^^♪

3時50分に集合して出発。

道中は静かなもんでしたw

5時過ぎに港に到着。

1

今回もお世話になるのは光隆丸さんです!

2

乗船名簿に名前を記入して着替えてっと・・・・

おい!どい!!!

なんでランボースタイルなんだよwww

3

4

タンクトップ程釣りに適さない恰好あないんじゃねぇか?ww

アホにつける薬はないと聞いたことがあります。

きっとそれは本当のことなんでしょうね。

私はどいにつける薬を見つけることはできないでしょう。

5

あぁ・・・バカにつける薬ならあるのか・・・。

そんな何に対して怒ってるのかわからない偽ランボーを載せて船は出発!

6

この時間が至福の時ですな(^^♪

なにが釣れるかな~

尾長さんは元気かな~

何の料理にしてくれようかな~

上田尚さんはこう言っておられます。

「釣に行く前晩は興奮してねむれない。そして出かけて竿をいれると、とろりとする。」

非常に良く分かります!

あっ着いた。

7

本日コブ瀬に乗るのは5人。

常連さん2人は船着きから竿を出されるようで。

さ~て私はどこで釣ろうかな~

どい「俺ここっす!ここで釣ります!」

田中にいたってはバッカンを持って釣りたい場所へ猛ダッシュ!

君たちは先輩に対しての礼儀とかは皆無なのかね?

普通は「クリさんどこで釣ります?」

って聞いてくるのがなんていうか・・・・普通じゃないの?

そしたらおめぇ俺だって「いや~ここ初めてだから分かんないから教えてくれる?」

って返すだろ?そうだろ?

んで「ここが釣れますんでどうぞ!」

ってかわいい後輩が言えば「いや釣れるんなら君たちが釣りなよ。俺は適当に遊びながら探すよ!」

って流れが美しい日本人の日本人たる心遣いじゃぁねぇのかよ!

寂しいぜ・・・おれぁ寂しいぜ・・・

8

まぁいいや。

色々探検しながら釣ろ~っと♪

いそいそと準備をいて午前6時過ぎ釣り開始!!

・・・・なんだよこれ。

釣れねぇどころか当たりすらねぇ・・・

エサ取りの姿さえも見えねぇじゃねぇか。

どいと田中の方を見てみると、竿が曲がってる!

しかも結構頻繁にでかいのを掛けてやがる!!

この時私の中の悪魔はそっとつぶやくのです。

9

悪魔「おめぇ先輩なんだから2人の間にはいっちゃえよ!」

しかし天使が応戦!!

10

天使「釣りなんかいつでも来れるんだから、たまには後輩に花を持たしてやりなよ!」

はい!悪魔さんの圧勝です。

むしろ天使が勝つ要素があるのならば教えてくださいm(__)m

どいさん田中さん、あまりにも生命反応がないので、ここで釣らせてくださいm(__)m

とは言わず、ワシャァここで釣るけんの!と欲望の赴くまま釣り座を移動。

すぐさまイサキをGET!!

11

こりゃ幸先いいね~イサキだけにってかww

12

そしていつものこの方も登場!

13

アイゴーアッパカットゥゥゥ!!!!

その後もイサキやアイゴと戯れながら楽しいひと時を過ごしましたとさ・・・・

おわり。

14

なんとここでランボーが大物を!!

15

16

バトルの詳細は動画で!!!!

どいはこの日かなりの数をバラしてますww

そろそろ終盤戦かと思われたその時!!

今まで沈黙を守っていた田中の竿が大きくしなっています!!

私とどいは心の中で一生懸命「バラせ!バラせ!」と念を送り続けます。

私「たなか~なんの魚~?」

田中「いや~なんすかね~グレじゃないと思うんですけどね~」

田中「すいませんタモ入れしてもらってもいいですか?」

私「あ~ん?自分でやりゃいいだろ。」

田中「いや!無理っす!」

私「はぁ?タモ入れも練習せんと・・・」

田中「いや!無理っす!」

私「も~めんどくせな~」

17

はいはいっと。

私「おぉ!でかいグレじゃん!!」

田中「いや~違うっしょ!」

私「いやwグレじゃんどう見てもw」

田中「いや~違うと思います!」

・・・・まぁいいや・・・・。

後輩にこき使われながらタモ入れをしてあげると。

18

田中「おぉ~グレじゃないすか!!!」

私「だから言った・・・」

田中「でかいっすね!グレっすね!」

私「最初にグレって・・・」

田中「お~いどいく~んでっかいグレ釣れたよ~」

ねぇ皆さん?こいつ海に落としてもいいかしら?

19

その後は潮の流れも悪くなり、ランボーはコマセがなくなりフカセ終了。

私「おいランボー!フカセ終わったんなら俺のタックルがあるからイカ釣ってこい!」

ラ「御意」

なにを隠そうこのランボー、エギングでは私の師匠です。

私も田中もその後は見せ場もなくカワハギなどを追加して終了。

ランボーは悪魔の様な笑みを浮かべながら新子を次々と虐殺。

最終的なお持ち帰りはこんな感じ(^^♪

20

グレは田中が張り切って持ち帰ったのでここでの画像はありません。

わが町へ帰ってから、急いで魚をさばいて宴会(^^♪

イサキとカワハギの刺身、イサキの湯引き、イサキのフライ。

イカの刺身、ゲソのバター醤油炒め。

疲れた体にどいと田中が買ってきた微妙にぬるいビールが染みわたりました。

どい「うぇっうぇっ!カワハギってうまいんすね!いままでリリースしてました!うぇっうぇっ!」

田中「魚ってうまいんすね~!」

おめーら一体何の話してんだよwww

それではまた、次回不思議の世界でお会いいたしましょうm(__)m

ジャ、マタ |/// |(Д´ )ノ”| ///|ウィーン