こんにちはTorayaオフィシャルスタッフの豊田ヒロです!

今回は志摩のへいみつ丸さんでお世話になり、志摩沖でビンチョウマグロを狙ってきました!

ビンチョウマグロはトンボマグロとも呼ばれ、ヒレが長くてすごくかわいいです(あまり理解してもらえない)

ポイントはかなり深い場所で、底は取らずに、100Mほど沈めて50Mくらいまで(時には20Mくらいで食うこともあるとか)

しゃくってhitを待ちます。

船は風と潮に任せて流していくどてら流し。風が強いので広い範囲が探れますが、波が高くなかなか過酷でした。

一人hitしましたが、連鎖はなく、不安がよぎります。

船長も今日は渋いなぁ・・・・と・・・・

 

 

しかし2回目の流しで突然のhit!!

130Mほど糸を出していたので水深100Mくらいでしょうか?

マグロ類のダッシュはたまりません。

ドラグ音の勢いが気持ちを高ぶらせます。

 

 

船際で抵抗ダッシュされながらも・・・・キャッチ!

10Kgのビンチョウマグロです。

ジグはurocoジグの300g。シルバーのグローヘッド

この時も連鎖無く、なかなか厳しい状況。

ビンチョウマグロのおなかの中は細かいカニやエビ?だったので、マイクロベイトの時に試そうと思っていた

太刀パターンで使うロングジグ、DclawのGOKUUSU跳260gをセット。

というのも、マイクロベイトみたいな細かい餌食ってて、ジグに喰ってくるという事は、キラキラして浮遊してれば

目立ったほうがいいのでは?長いほうがよくスライドするし、キラキラするし・・・

とか思ってたのです。

一応、他の人もグロー入ってるジグで釣っていたので、急遽グロースポットのシールでチューン。

もしこれで釣れるなら、太刀魚がベイトになってる太刀パターンでしか使わないのはもったいない。

さっそく落とす。

50mほど出したところでいきなりhit!

6Kgのカツオでした。

この後はぜんぜんだめでしたが、ビンチョウもカツオも釣れて満足!

いい釣行になりました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

動画もupしてるのでよろしくお願いします!